循環器内科

 循環器内科は3名の循環器科医師が診療にあたっております。水曜日は検査日ですが、毎日の外来受診が可能です。

 心臓血管疾患を疑われる患者さんが受診または紹介されると、問診・診察とともに胸部レントゲン写真と心電図に始まり、心エコー検査までは必要とあらば直ちに行える体制をとっています。さらに、24時間心電図、トレッドミル運動負荷検査なども1週間前後のうちに施行して専門医が心疾患の診断を行います。最新鋭の心エコー検査装置の導入でその診断能力は格段に向上し、これを生かして増加する高齢者の慢性再発性心不全の治療を強化しています。また、動脈硬化、血管疾患の診断としては頸動脈エコー検査、静脈エコー検査も随時併用しています。今年度はさらに24時間血圧測定装置を導入し、高血圧の診療精度を上げるなど、動脈硬化性疾患・心臓血管疾患の予防にも力を入れています。

 狭心症・心筋梗塞といった虚血性心疾患に対しては冠動脈造影を行うシネアンジオ撮影装置が稼働しておりますが、当院の特徴としてはRI撮影装置(エルゴメーター負荷装置、心機能解析機能付き)があります。高齢者では困難な運動負荷検査を注射1本の薬物負荷で安全かつ安定して行います。心電図ではわかりにくい心筋虚血の部位と程度が明瞭な画像で示され、同時に心機能まで解析できるようになりました。虚血性心疾患や心筋疾患を疑う場合には心エコー検査とともに行い、外来で簡便に診断できます。

 現在、当院の循環器内科診療は学校検診の精密検査から高齢者患者さんの慢性で増悪を繰り返す疾患のプライマリケアまで非侵襲的検査により、心血管疾患の予防、早期発見治療に力を入れております。また、他科の患者さんにおける循環器合併症や周術期管理にも積極的に協力し、病院全体の安全で積極的な診療に貢献するよう努力しています。救命救急医療とその後の亜急性期患者治療・リハビリでも循環器疾患管理は当然ですが、患者さんの生活の質にとってはその後が同様に重要です。高度先進医療を要する場合には信州大学医学部附属病院などと連携して急性期の治療を行い、患者さんが退院した後も安心して家庭や施設で暮らせるよう、日常の疾患管理をしていただく家庭医とご家族の方々に十分な情報を提供してゆきたいと考えております。関連の皆様のご指導、ご協力を引き続きよろしくお願いいたします。

活動内容(平成26年度)

平均入院患者数は、23年度に比べ減少し23.9人でした。年間の入院患者数は354人であり、症候性心不全で入院した患者はそのうちの約半数でした。基礎心疾患の内訳は昨年同様、高齢者が多いため、収縮保持性心不全が多い傾向にありました。

検査

非侵襲的検査を中心に表にまとめました。

     心臓カテーテル検査総数 86、pacemaker 新規 20 交換 2、IVC filter 5

  心エコー 血管エコー ABI/PWV TMT 心筋シンチ
件数 1407 364 163 30 236

臨床研究

1)心不全や心筋疾患に対する新たな治療法の導入
2)臨床に役立つ新たな画像診断指標の確立
を主なテーマに、診療の中からデータをまとめる努力をしています。

1)については、重症心不全に対し、Adaptive Servo Ventilation (ASV)を積極的に導入し、重症心不全に効果をあげています。新規利尿薬Vasopressin受容体拮抗薬を積極的に導入しました。

2)については、心筋シンチグラフィ、心臓MRI、心エコーなどを包括的に検証しています。
心エコーの専用機が更新され(Vivid E9)、Strain imagingやSpeckle trackingなどより詳細な解析が可能となりました。

スタッフ

スタッフ
写真 氏名
(ふりがな)
資格 専門領域など
笠井 宏樹 笠井 宏樹
(かさい ひろき)
循環器内科医長
平成8年卒
日本内科学会
日本循環器学会
日本心不全学会
日本内科学会内科認定医
日本循環器学会循環器専門医
循環器内科
越川 めぐみ 越川 めぐみ
(こしかわ めぐみ)
循環器内科医師
平成8年卒
日本内科学会
日本高血圧学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本脈管学会
日本心臓病学会
日本輸血細胞治療学会
認定内科医
循環器専門医
脈管専門医
医学博士
循環器内科
関村 紀行 関村 紀行
(せきむら のりゆき)
循環器内科医師
平成13年卒
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
循環器一般
小手川 直史 小手川 直史
(こてがわ なおふみ)
循環器内科医師
(非常勤)
平成12年卒
日本内科学会
総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本プライマリケア連合認定医
プライマリケア・総合診療
在宅診療
消化器
内視鏡