血液内科

 質の高い医療を提供するということは医療者にとって最も重要なことと思われます。では、質が高いということをどのように立証することができるのでしょうか。まつもと医療センターの血液内科は、以下の点から質の高い医療を提供できていると考えております。

  1. 日本血液学会の研修施設に認定されています。
  2. 血液専門外来は昭和58年に開設されており、比較的古い歴史があります。平成27年6月からは、血液内科医7名の体制となりました。準クリーンルームは9床整備されています。
  3. 最近10年間に、39の論文(英語論文18篇を含む)を発表しており、信州医学会賞も3回受賞しています。我々血液内科のレベルは世界に通じ、信州の医学レベルの向上にも寄与していると思われます。
  4. 悪性リンパ腫、急性白血病、多発性骨髄腫などを中心に各種血液疾患の診療を行っています。HIV感染症・エイズ診療も行っています。最近、悪性リンパ腫と多発性骨髄腫が増加傾向にあります。
    <入院診療実績>
    疾患別入院患者数
  5. 日常診療はEBMとNBMに基づいて行っており、「医療倫理」に支えられています。北野はBernard Lo著”Resolving Ethical Dilemmas. A Guide for Clinicians”を監訳し、「医療の倫理ジレンマ 患者の心を理解するために」(西村書店)を出版しています。最近は「アメリカ的医療倫理を日本でどのように発展させるか」(医療 63: 242-247, 2009)など、新たな展開を試みています。
  6. 毎日外来診療をしています。スタッフ一同、やさしい医療の提供を心掛けています。
  7. 平成26年11月より造血幹細胞移植を開始しました。
  8. 診療・研究・教育に関しては、信大病院血液内科と連携して行っています。
  9. 医学生・研修医の教育にも力を入れております。

最近10年間の血液内科の論文

(太字は当院医師・スタッフ)

  1. Mihoko Y, Kiyoshi K, Hiroshi S: Bradycardia-Tachycardia Syndrome Induced by Lopinavir-Ritonavir in a Patient with AIDS. AIDS 19: 1547-1553, 2005
  2. Machii T, Chou T, Suzuki M, Ohe Y, Katagiri S, Kitano K, Fujiyama Y, Izumi T, Shimazaki C, Nanba K, Ohashi Y, Kitani T: Phase II clinical study of cladoribine in the treatment of hairy cell leukemia. Int J Hematol 82: 230-235, 2005
  3. 清水郁夫,北野喜良,城下智,上條敦, 高橋寧史,矢崎善一,松林潔,宮林秀晴,熊谷美恵子,青木雄次,古田清,市川和夫:AIDSとB型肝硬変に合併した原発性滲出性リンパ腫. 信州医誌 54: 131-136, 2006 <信州医学会賞>
  4. Kitano K, Gibo Y, Kamijo A, Furuta K, Oguchi S, Joshita S, Takahashi Y, Ishida F, Matsumoto M, Uemura M, Fujimura Y: Thrombotic thrombocytopenic purpura associated with pegylated-interferon alpha-2a by an ADAMTS13 inhibitor in a patient with chronic hepatitis C. Haematologica, 91: 5-7, 2006
  5. Kitano K, Kobayashi H, Hanamura M, Furuta K, Ueno M, Rokuhara A, Tanaka E, Umemura T, Kiyosawa K: Fulminant hepatitis after allogenic bone marrow transplantation caused by reactivation of hepatitis B virus with gene mutations in the core promotor region. Eur J Hematol 77: 255-258, 2006
  6. 四本美保子, 北野喜良, 斎藤博:長野県におけるHIV陽性者の診断契機と免疫不全進行度. 信州医誌 54: 183-188, 2006 <信州医学会賞>
  7. Makishima H, Ito T, Momose K, Nakazawa H, Shimodaira S, Kamijo Y, Nakazawa Y, Ichikawa N, Ueno M, Kobayashi H, Kitano K, Saito H, Kiyosawa K, Ishida F: Chemokine system and tissue infiltration in aggressive NK-cell leukemia. Leuk Res 31: 1245-1253, 2007
  8. 北野喜良:臨床症状からわかる血液疾患「リンパ節腫脹」.Modern Physician 27: 441-444, 2007
  9. 斉藤博、北野喜良、柳川宗平、本田孝行、高山義浩、藤田暁、清水一功:平成18年HIV感染症実態調査報告書.長野医報 540: 32-39, 2007
  10. 北野喜良:Bicytopenia:貧血+血小板減少.Modern Physician 27: 1156, 2007
  11. 北野喜良:LDH激増:Oncologic Emergency.Modern Physician 27: 1295, 2007
  12. 上條敦、城下智、長屋匡信、妹尾寧、古田清、北野喜良:多発性肝脾膿瘍を合併した再発性急性前骨髄性白血病に対し、亜ヒ酸による地固め療法を施行した1例.信州医学雑誌 55: 239-243, 2007
  13. 北野喜良:松本病院での初期研修の現状とそれを取り巻く医療情勢の変化.第25回臨床研修研究会の記録 臨床研修協議会発行 p34-41, 2007
  14. 城下智、上條敦、長屋匡信、熊谷美恵子、古田清、青木雄次、北野喜良:FDG-PET/CTで検出された晩期再発性乳癌の1例.日本医師会雑誌 136: 2029-2033, 2008
  15. 長谷川直子、山口京子、松田幸子、北野喜良、小竹美千穂:HIV無料匿名検査の実施と拠点病院間の連携 ~不安症候群の被検者への対応を通して~.第8回北関東・甲信越HIV感染症症例検討会報告集 p37-41, 2008
  16. 城下智、上條敦、北野喜良:プレドニゾロン投与後CODOX-M/IVAC療法を施行したバーキットリンパ腫/白血病の3例.信州医誌 56: 73-78, 2008<信州医学会賞>
  17. Ito T, Makishima H, Nakazawa H, Kobayashi H, Shimodaira S, Nakazawa Y, Kitano K, Mastuda K, Hidaka E, Ishida F: Promising approach for aggressive NK cell leukaemia with allogeneic haematopoietic cell transplantation. Eur J Haematol 81: 107-111, 2008
  18. 北野喜良:長野県における研修医教育 今、求められているものは.信州医誌 56: 203-204, 2008
  19. Joshita S, Kitano K, Nagaya T, Kamijo A, Nakazawa K, Ishida F: Zygomycosis presenting as acute myocardial infarction during hematological malignancies. Int Med 47: 839-842, 2008
  20. 徳田安孝、新倉冬子、城下智、北野喜良、中澤功.ムコール症.皮膚病診療 31: 459-462, 2009
  21. 北野喜良:アメリカ的医療倫理を日本でどのように発展させるか.医療 63: 242-247, 2009
  22. 北野喜良:サリドマイドとタームス.長野医報 563: 15-17, 2009
  23. 斉藤博、北野喜良、本田孝行、高山義浩、清水一功、柳川宗平、高橋央、鳥海宏:平成20年HIV感染症実態調査報告書.長野医報 565: 24-34, 2009
  24. Joshita S, Nakazawa K, Sugiyama Y, Kamijo A, Matsubayashi K, Miyabayashi H, Furuta K, Kitano K, Kawa S: Granulocyte-colony stimulating factor-producing pancreatic adenosquamous carcinoma showing aggressive clinical course. Int Med 48: 687-691, 2009
  25. 小池祥一郎、中川幹、中村俊幸、赤羽康彦、北野喜良、中澤功:食道原発MALTリンパ腫の1例.胃と腸 44: 902-907, 2009
  26. 北野喜良:感情の背景にある倫理問題を考えよう.臨床研修プラクティス 6: 126, 2009
  27. 四本美保子、北野喜良:原発性滲出性リンパ腫.日本エイズ学会誌11: 192-198, 2009
  28. Nagaya T, Tanaka N, Kamijo A, Joshita S, Nakazawa K, Miyabayashi H, Komatsu M, Tanaka E, Kitano K: Importance of primitive neuroectodermal tumor as a differential diagnosis of CD56-positive tumor in adult. Int Med 48: 1267-1272, 2009
  29. Joshita S, Nakazawa K, Koike S, Kamijo A, Matsubayashi K, Miyabayashi H, Furuta K, Kitano K, Yoshizawa K, Tanaka E. A case of granulocyte-colony stimulating factor-producing hepatocellular carcinoma confirmed by immunohistochemistry. J Korean Med Sci 25: 476-480, 2010
  30. 北野喜良、松田幸子、藍澤明子、山口京子、斎藤道之、長谷川直子、小林和代、宮澤淑子、日吾雅宜、仁科さやか、酒井均、古田清: エイズ治療拠点病院における無料・匿名・迅速HIV感染症検査の取り組み.日本エイズ学会誌 13 (3): 151-158, 2011
  31. Ito T, Makishima H, Nakazawa H, Senoo Y, Senoo N, Ishida F: Donor lymphocyte infusion for extranodal NK/T cell lymphoma, nasal type, relapsed after allogeneic hematopoietic SCT. Bone Marrow Transfusion 46: 1270-1271, 2011
  32. Iwaya Y, Takenaka K, Akamatsu T, Yamada Y, Haba S, Matsuda K, Nakazawa H, Muraki T, Kaneko Y, Ito T, Sano K, Arakura N, Tanaka E, Ishida F. Primary gastric diffuse large B-cell lymphoma with orbital involvement: diagnostic usefulness of 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography. Intern Med. 50: 1953-6, 2011
  33. Yotsumoto M, Hagiwara S, Ajisawa A, Tanuma J, Uehira T, Nagai H, Fujikawa Y, Maeda S, Kitano K, Arima N, Uno K, Iwai T, Hongo I, Ota Y, Fukutake K, Okada S. Clonical characteristics of human immunodeficiency virus-associated Hodgkin lymphoma patients in Japan. Int J Hematol, published online: 01 July 2012
  34. Matsuda K, Ishida F, Ito T, Nakazawa H, Miura S, Taira C, Sueki A, Kobayashi Y, Honda T. Spliceosome-related gene mutations in myelodysplastic syndrome can be used as stable markers for monitoring minimal residual disease during follow-up. Leuk Res 36: 1393-1397, 2012
  35. 川上徹、北野喜良、妹尾寧、中澤英之、遠藤真紀、中澤功. 多発性骨髄腫と治療関連AMLの骨髄剖検所見. 臨床血液 53: 569, 2012
  36. Kawakami T, Sakai K, Nishina S, Mimura Y, Miyahira T, Senoo Y, Nakazawa H, Kitano K: Azacitidine treatment following intensive chemotherapy with daunorubicin and cytarabin for acute transformation in myelodysplastic/myeloproliferative neoplasms. Shinshu Medical Journal 62(3): 167-172, 2014
  37. Nakazawa H, Nishina S, Mimura Y, Kawakami T, Senoo Y, Sakai K, Nakazawa K, Kitano K: Tumor lysis syndrome in a chronic lymphocytic leukemia patient with pleural effusion after oral fludarabine and cyclophosphamide therapy. Int J Hematol 99(6) 782-785, 2014
  38. Kawakami T, Sakai K, Mimura Y, Senoo Y, Hirabayashi Y, Nakazawa H, Koshihara H, Oguchi K, Takei Y, Ohara S, Watanabe N, Nakazawa K, Oyanagi K, Kitano K: Development of primary central nervous system lymphoma associated with human immunodeficiency virus and JC virus infection. J Clin Exp Hematol 54(3): 211-217, 2014
  39. Kitano K, Furuta K, Kanai S, Takei Y: Fatal Encephalopathy Associated with Influenza in a Health Care Professional. In J Med, in press

スタッフ

スタッフ
写真 氏名
(ふりがな)
資格 専門領域など
北野 喜良 北野 喜良
(きたの きよし)
院長
昭和54年卒
日本内科学会認定医
日本血液学会専門医・指導医・代議員
日本リンパ網内系学会評議員
日本ウイルス学会認定ICD
日本エイズ学会認定医
日本がん治療認定医療機構暫定教育医
アメリカ血液学会
日本臨床腫瘍学会
日本医学教育学会
血液内科
エイズ
伊藤 俊朗 伊藤 俊朗
(いとう としろう)
血液内科医長
血液病センター長
平成4年卒
内科認定医
血液専門医
日本内科学会
日本血液学会
日本造血細胞移植学会
血液内科
造血幹細胞移植
平林 幸生 平林 幸生
(ひらばやし ゆきお)
血液内科医師
血液病副センター長
平成17年卒
日本内科学会認定内科医
日本血液学会専門医
がん薬物療法専門医
血液内科
川上 史裕 川上 史裕
(かわかみ ふみひろ)
血液内科医師
平成24年卒
日本内科学会
日本血液内科学会
血液内科
礒部 玲 礒部 玲
(いそべ れい)
血液内科医師
平成24年卒
日本内科学会
日本血液学会
血液内科
金子 直也 金子 直也
(かねこ なおや)
血液内科医師
平成24年卒
日本内科学会
血液内科