麻酔科

 手術を受ける患者さんが安全で安楽な周術期(手術前から手術を終えて回復されるまでの期間)を過ごされるよう、2名の常勤医師(日本麻酔科学会指導医)が、手術室看護師や外科系医師、病棟看護師をはじめ他部門と協力し合って周術期管理を行っています。
 研修医・医学生・歯科麻酔研修医・看護師・救急救命士への指導・教育も行い、病院内外の医療従事者の育成にも力をいれています。
当科の周術期管理の特色をご紹介します。

術前外来

患者さんをよく知ることが安全な麻酔の第一歩
術前外来

 安全な麻酔管理は、手術を受ける患者さんの全身状態の把握から始まります。より早く患者さんの状態を把握し、必要に応じて精密検査や他科診察を十分に行うために、原則として入院前に術前外来を受診していただきます。

まず現在の身体の状態,過去の病歴や持病の有無、麻酔や手術の経験の有無、内服薬などの確認をします。
 同時に麻酔に関するご質問・ご希望なども伺い、その上で最適な麻酔方法を計画し、麻酔や痛み止めの方法、周術期の注意点などの説明を行います。

 患者さんが話をしやすく質問しやすい環境を心がけ,手術室看護師が問診と麻酔のオリエンテーションを,麻酔科医師が診察とインフォームド・コンセントを行います。手術予定のない患者さんも、麻酔・手術に関するご質問など随時お受けしております。

自己調節鎮痛法

痛みを和らげ回復早く
自己調節鎮痛法

 一部の手術を除いて、手術の翌日には歩行可能となります。しかし強い疼痛があると、離床を遅らせるばかりか深呼吸や痰の喀出の妨げにもなり,術後合併症の原因にもなり得ます。当科では,術後疼痛の強い手術の場合、痛みが軽減する時期まで静脈または硬膜外持続注入による疼痛管理を行い、離床をスムーズに行えるよう努めております。

 自己調節鎮痛法とは、患者さんご自身が自分でボタンを押すなどして薬を投与する疼痛管理方法をいいます。鎮痛薬の持続投与量、痛いときにボタンを押して追加される薬液量、投与間隔などが予め専用のポンプに設定されていて、痛みが強くなったときにすぐ鎮痛薬を投与できるので,速やかに痛みが和らぎ,その状態を保つことができます。

 自分で好きな時に痛み止めを投薬できることが最大の長所ですが、ご自身でボタンを押せない場合は医療者が行いますので、ご心配は要りません。

活動内容(平成27年度)

※まつもと医療センターとしての実績です。

麻酔科管理症例数
  全身麻酔 脊髄くも膜下麻酔
硬膜外麻酔
局所麻酔
その他
 
外科 289 4 1  
泌尿器科 32 166 1  
呼吸器外科 114 0 0  
整形外科 142 0 0  
眼科 2 0 1  
耳鼻咽喉科 39 0 5  
脳神経外科 16 0 0  
634 170 7 総計 811

緩和ケアチーム新規紹介患者数:112

臨床研修等受け入れ:歯科麻酔研修医(6ヶ月間)2名.
医学部6年生選択臨床実習4名.
医学部5年生150通りの選択肢からなる参加型臨床実習3名救急救命士気管挿管実習1名.
その他新人看護師への挿管介助実習等.

スタッフ

スタッフ
写真 氏名
(ふりがな)
資格 専門領域など
井上 泰朗 井上 泰朗
(いのうえ やすろう)
手術部長
麻酔科医長
昭和60年卒
日本麻酔科学会指導医・専門医 麻酔、緩和医療、ペインクリニック、集中治療
新倉 久美子 新倉 久美子
(あらくら くみこ)
麻酔科医長
平成5年卒
日本麻酔科学会専門医・指導医 麻酔・周術期管理